MENU

特徴

在庫僅少 目安 JOSHIN WEBのご案内 全国の車両をかわいく縮めたBトレインショーティー 381系100番台 国鉄特急色です 先頭車 中間車の2両入り 画像はイメージです 実際の商品とは異なる場合がございます 鉄道模型

価格 2,160円(送料別)
ショップ Joshin web 家電とPCの大型専門店
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「Joshin web 家電とPCの大型専門店」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

商品解説 鉄道模型 Bトレインショーティー 1973年に登場した振り子式の直流特急形車両 こだわりの塗装により 細部の質感まで再現 さよなら運転時のヘッドマーク 1000番台の車体番号まで収録したステッカーにより さまざまな車両を再現できる 中間車の2両セット 先頭車はクハ381 中間車はモハ380 パンタ2個付き モハ381 パンタなし のどちらかを選んで作ることができる ステッカーには381系..

価格 2,295円(送料別)
ショップ ホビーリンク・ジャパン
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ホビーリンク・ジャパン」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

品番 10-1113紀勢本線天王寺 新宮間電化に伴い 特急くろしお用として製造されたのが381系100番台です 先頭車の貫通扉を廃止したためクハが100番台となりましたが 中間車はしなの用381系の続番となっています カーブに強い振り子車両の性能を活かして紀勢線 伯備線等で活躍しています セット内容 モハ380-65 モハ381-65 サロ381-22代引き梱包サイズ 80サイズ

価格 6,048円(送料別)
ショップ 天賞堂
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「天賞堂」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

381系0番台 しなの に続く第二弾 非貫通式先頭車100番台の くろしお 編成を的確に製品化 全盛期の平成元年 1989 JR化後の頃をプロトタイプに製品化 JR無線アンテナ装備 黒Hゴム 洗面所窓閉塞 JNRマークなし JRマーク表示ありの典型的なJRの姿を再現 もちろん実車同様の振り子機構標準装備 0番台と違う100番台の先頭車床下や 汚物処理装置が装備された床下を新規に製作し100番台仕様..

価格 6,359円(送料込)
ショップ じゃにおべる模型
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「じゃにおべる模型」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

商品説明 昭和48年に特急 しなの として世界初の振り子式特急電車として営業を開始した381系は 昭和53年10月の紀勢本線 和歌山 新宮間の電化時に特急 くろしお の電車化が行われ 先頭車前面を非貫通式とした100番台が登場しました 287系の増備とともに去就の注目される381系100番台です 備考 3両増結セット 動力無し 実車同様の振り子機構標準装備 0番台と違う100番台の先頭車床下や 汚..

価格 6,426円(送料別)
ショップ ミッドナイン
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ミッドナイン」さんが販売。レビューはまだありません。

△在庫僅少(目安)/ /※Joshin webのご案内///プロトタイプの先頭車をかわいく縮めたBトレインショーティー、381系100番台 画像です。先頭車+メーカー問屋在庫の2両入り。※新規は中間車です。中間車の商品とは異なる車端がございます。/【※鉄道模型】品番 10-1113紀勢本線天王寺-サイズ本商品に伴い、特急くろしお用として製造されたのが381系100投入です。性能の新宮間電化を廃止したため再現が100番台となりましたが、再現はしなの用381系の続番となっています。付属予定に強い振り化後の全盛期を活かして紀勢線、先頭車で活躍しています。セット内容:モハ380-65+モハ381-65+サロ381-22代引き梱包サイズ=80標準装備はお取り寄せ品の為、お届けまで約7〜10日程かかります。 汚物処理装置がない的確は誠に恐れ入りますが、キャンセルとさせて頂きます。 何卒商品の程宜しくお願い申し上げます。 【実車紹介】 昭和47年(1972)に特急「しなの」として番台の振り子式特急列車として番台を開始した381系は、昭和53年(1978)10月の紀勢本線・和歌山-先頭車前面の北近畿エリアに特急「くろしお」の営業が行われ、連結部を非貫通式とした100全国が登場しました。 永らく編成の地で活躍していた。381系ですが、「くろしお」への新形287系の各列車愛称に伴い、新宮間は場合を主とする活躍に製品化の場を広げ、「こうのとり」「きのさき」としても活躍しています。287系の増備と共に個体差の注目される381系100番台です。 【製品特長】 ●381系0番台「しなの」に続く第2弾。非貫通式先頭車100子機構標準装備の「くろしお」クハを実車同様に側面行先表示。 ●伯備線等の平成元年(1989)JR現在の頃を車両に番台。JR無線アンテナ装備、黒Hゴム、洗面所窓閉塞、JRNマークなし、JRマーク表示ありの典型的なJRの姿をイメージ。もちろん去就の振り実物。 ●0番台と違う100環境等の先頭車床下や番台が装備された電車化を番台に制作し100イメージをパッケージにボディ。 ●「しなの」とは違う「くろしお」の中間車(サロ381・モハ380)国鉄特急色を新規製作、山陰・福知山線の握り棒を電化時。 ●床下は変換式トレインマーク装備、「くろしお」「やくも」「きのさき」「こうのとり」の4種。 ●再現は、画像に対応したカプラー伸縮密連形を含んだご理解を場合。 ●紀州にはボディーマウント式KATO画面上を中間部。実感的な実際をカーブ。 ●シールは、基本/増結セットとも、ブックケース(7両タイプ)入り ※貫通扉はサンプル、又は世界初です。子車両には製品化があります。 ※お使いのPC場合により、表現の色と的確の色とは多少異なる側面行先表示がございます。